Loading...
TOYOTA
TOYOTOWN
三重トヨタ

日本の名車カローラの歴史「セダン」

永遠のグローバルスタンダード

1966年、いわゆるモータリゼーションを加速させる夢のあるファミリーカーがデビューした。
「自動車をみんなのものに」という願いから生まれたカローラだ。
「花の冠」を意味するこのクルマは、時代のニーズに合わせながら12世代にわたって進化。
世界150以上の国と地域で販売され、累計5000万台超のロングセラーカーとして多くの人々に愛され続けている。
誕生から今年で55年。
あなたの記憶に残る最も印象深いカローラは、どれだろう。

COROLLA HISTORY

  1. 1966
    初代カローラ

    初代カローラ

    初代カローラ写真
    初代カローラ写真
    初代カローラ写真
    この年の出来事
    1966年
    ビートルズ来日
  2. 1970
    2代目カローラ

    2代目カローラ

    2代目カローラ写真
    2代目カローラ写真
    2代目カローラ写真
    この年の出来事
    1970年
    ボーリングブーム
  3. 1974
    3代目カローラ

    3代目カローラ

    3代目カローラ写真
    3代目カローラ写真
    3代目カローラ写真
    この年の出来事
    1974年
    超能力ブーム
  4. 1979
    4代目カローラ

    4代目カローラ

    4代目カローラ写真
    4代目カローラ写真
    4代目カローラ写真
    この年の出来事
    1979年
    ヘッドフォン型ポータブルオーディオ誕生
  5. 1983
    5代目カローラ

    5代目カローラ

    5代目カローラ写真
    5代目カローラ写真
    5代目カローラ写真
    この年の出来事
    1983年
    家庭用ゲーム機ブームの始まり
  6. 1987
    6代目カローラ

    6代目カローラ

    6代目カローラ写真
    6代目カローラ写真
    6代目カローラ写真
    この年の出来事
    1987年
    NTTが初代携帯電話発売
  7. 1991
    7代目カローラ

    7代目カローラ

    7代目カローラ写真
    7代目カローラ写真
    7代目カローラ写真
    この年の出来事
    1991年
    ヴィンテージジーンズブーム
  8. 1995
    8代目カローラ

    8代目カローラ

    8代目カローラ写真
    8代目カローラ写真
    8代目カローラ写真
    この年の出来事
    1995年
    ハイテクスニーカーブーム
  9. 2000
    9代目カローラ

    9代目カローラ

    9代目カローラ写真
    9代目カローラ写真
    9代目カローラ写真
    この年の出来事
    2000年
    2000円札発行
  10. 2006
    10代目カローラ

    10代目カローラ

    10代目カローラ写真
    10代目カローラ写真
    10代目カローラ写真
    この年の出来事
    2006年
    流行語に「イナバウアー」
  11. 2012
    11代目カローラ

    11代目カローラ

    11代目カローラ写真
    11代目カローラ写真
    11代目カローラ写真
    この年の出来事
    2012年
    東京スカイツリー開業
  12. 2019
    11代目カローラ

    12代目カローラ

    12代目カローラ 写真
    12代目カローラ写真
    12代目カローラ写真
    この年の出来事
    2019年
    ラグビーW杯が日本で開催
初代カローラ

1st TOYOTA COROLLA
初代カローラ

プラス100ccの余裕

ファミリーカー市場の潜在需要を掘り起こそうと1.1Lエンジンを搭載し、競合する1Lエンジンの大衆車に対して「プラス100ccの余裕」という刺激的なキャッチコピーを掲げて登場。当初は2ドアセダンのみで、価格(名古屋)は42.7万円~。翌1967年に 4ドアセダンとバンが追加。爆発的な人気を集め、誕生年が「マイカー元年」と呼ばれるようになった。

2代目カローラ

2nd TOYOTA COROLLA
2代目カローラ

スポーティーなクーペが仲間入り

東名高速道路が全線開通するなどハイウェイ時代が到来する中、2代目は排気量アップ、燃料タンクの大型化、快適装備の拡充などで高速巡航性能を強化。初代に設定されていたグレード、スプリンターを独立させる一方でスポーティな2ドアクーペを追加。若者層にも支持され、後のレビンへとつながった。

3代目カローラ

3rd TOYOTA COROLLA
3代目カローラ

さんまる、「世界のカローラ」へ

発売当初、2代目の一部グレードが継続して併売されたこともあり、型式E30に基づく「さんまる」の愛称で世間を席巻。ワゴンの利便性を加味した2ドアリフトバックのスタイリッシュな個性も話題に。マスキー法など一段と厳しくなった排ガス規制をクリアして輸出を本格化。年間車名別生産台数で世界一になった。

4代目カローラ

4th TOYOTA COROLLA
4代目カローラ

歴代最多のボディバリエーション

高級感と空力性能を追求して直線基調のシャープなスタイルに変貌。価格帯の最高値が歴代で初めて100万円を突破。ボディはセダン(2/4ドア)、ハードトップ、クーペ、リフトバック、バン(2/4ドア)の7種。4ドアセダンの1600GTはラリーでも活躍した。セダン系はFR※1方式を採用する最後のカローラとなった。
※1:フロントエンジン・リヤホイールドライブ

5代目カローラ

5th TOYOTA COROLLA
5代目カローラ

FF化で車内がより広々

小型車にFF※2化の波が押し寄せ、カローラセダンもFFで登場(クーペのレビンはFRを踏襲)。そのメリットを最大限にいかして室内はクラストップレベルの広さを実現した。1981年の初代ソアラで話題になったデジタルメーターも設定。この5代目を開発するにあたって特許・実用新案の出願数は約500件に及んだ。
※2:フロントエンジン・フロントホイールドライブ

6代目カローラ

6th TOYOTA COROLLA
6代目カローラ

クラスを超えた高品質

国内が空前の好景気に沸く中、「クラスを超えた世界のハイクオリティカー」をテーマに開発。当時流行したハイソカーにも劣らない品質の高さに加えて、カローラ初の4WDも設定し、ファン層をさらに広げた。1990年には国内の車名別年間販売台数で30万8台を記録。2010年にプリウスに抜かれるまで歴代最高だった。

7代目カローラ

7th TOYOTA COROLLA
7代目カローラ

これぞクラウンミニ!?

「新時代を見据えた次世代基準の創出」を掲げて登場。先代のコンセプトをキープしながら先進技術の数々を惜しげもなく投入し、クオリティと快適性をさらに高めた。大衆車の高級志向を極めたともいえる仕上がりで、いわばクラウンの縮小版。各種部品のメンテナンスフリー化も図られた。

8代目カローラ

8th TOYOTA COROLLA
8代目カローラ

心機一転でシェイプアップ!

高級化路線をひた走っていた従来モデルとは変わってスリム化を図って登場。最大50kgの軽量化、クラストップの低燃費を実現した。後に6速MTのスポーツ仕様を追加し、走り好きの期待にも応えた。1997年、グローバル累計販売が2265万台となり、名実ともに世界のベストセラーカーになった

9代目カローラ

9th TOYOTA COROLLA
9代目カローラ

21世紀に向けた新世紀の価値を

「New Century Value」をテーマに全てを一新。機能はもちろんのこと、快適さ、走りの楽しさなど、心に響く「感性品質」を追求した。テレビCMに起用された芸能人の超豪華な顔ぶれも話題に。1969年から続いていた国内乗用車登録首位の座は、2002年他車に譲ることになったが、33年連続は不滅の記録だ。

10代目カローラ

10th TOYOTA COROLLA
10代目カローラ

セダンのサブネームにアクシオ

6年2カ月振りにフルモデルチェンジ。開発テーマは「新しい尺度でのクルマづくり」。日本の道路環境にマッチした5ナンバーサイズを堅持しながらもボディサイズの拡大を図り、セダンにはサブネームとしてギリシャ語で「価値のあるもの」を意味するアクシオ(AXIO)がついた。

11代目カローラ

11th TOYOTA COROLLA
11代目カローラ

ダウンサイジングで原点回帰

カローラの原点に戻ろうと「大人4人が安心・安全、快適に長距離を移動できるミニマムサイズのクルマ」をテーマに掲げ、車両土台をひとクラス下のものを利用して登場。ボディ、エンジンともにダウンサイジングを行い、2013年にはカローラ初のハイブリッドを追加した。

12代目カローラ

TOYOTA COROLLA
12代目カローラ

期待を超えた若返り

TNGA思想のもと世界共通の車両土台を採用。全幅は1745㎜で、セダンとしては初めて3ナンバーサイズになったが、日本の道路環境を徹底的に考えたつくり込みは顕在。ワゴンはツーリングという名になり、先行投入のカローラスポーツと合わせて精悍な布陣。ビジネス需要などに応えて11代目も継続して併売。

出典:トヨタ自動車株式会社WEBサイト「トヨタ自動車75年史」「歴代カローラの進化―それぞれの「80点主義+α」―」カローラ歴代カタログ